第2482回例会【令和元年10月17日(木)会長挨拶及び報告】

【斎藤会長挨拶】

私的にも今週どうしても取り上げなければならない話題は、台風19号です。まずは被災された方々には衷心よりお見舞い申し上げます。

私も今回、初めて避難しました。強制的に受信させられたエリアメールの「避難指示」に従い、避難しました。私もふくめてこれまでは、避難なんて・・・と、時には笑い話のような会話があったように思います。避難に至った当事者であるならまだいいとして、そんな態度は決してしてはいけないと、初めてその当事者の立場になって思いました。避難する?しない?は自分の命の行方を判断し、決断する事です。何を守り、何を捨てる(失う、諦める)を決断することです。身の回りには不要でも捨てられないものがたくさんあると思いますが、それは全てのうちではほんの一部で、その他がすべて必要だと言ってもそのすべては、持ち出し、守ることはできません。家はもちろんのこと、車も、大切な物であっても持ち出し、守ることは不可能です。そして避難をするということは、たぶんダメだ(決壊する)と判断する事で、諦めを決めた時、この光景はもう見られない、そして今後は被災後の生活が始まるとの思いでとても悲しくなりました。人は何事もすぐ忘れてしまいますが、今回のこのことは極力忘れることなく、避難行動に対しての意識や教訓、非常時持ち出し品の選別など危機管理についての何かしらの行動をとっていくべきと切に思いました。

 

そして今回はもう一つ、話題として取り上げなければと思っていたことがあります。それはポリオです。

ご存知の通り、10月24日、来週の木曜日は「世界ポリオデー」です。国際ロータリーでは今年も、世界各地の地区がクラブにポリオ根絶活動を後押しすることを目的とした各種イベントを開催するよう強く奨励しています。ポリオ根絶の重要性を広く訴え、ポリオフリーの世界という子どもたちへの約束を達成するため、ぜひロータリアンの皆さまのお力をお貸しいただきたいと、具体的な活動が4つ、提唱されています。それが、

○担当地域でのイベント開催(ロータリーデー、スポーツイベント、チャリティコンサート、街頭募金、地域のお祭りへの参加など)の支援

○各種会合における世界ポリオデーに関する認識向上・推進

○「世界を変える行動人」の広告のうち、「ポリオをなくそう」の広告を作成・使用

○ソーシャルメディアやニュースレター等での情報発信(上記広告を投稿に利用する等)

です。

また今年は、日本時間の10月24日夜(暫定:夜7時から)に、ポリオ根絶活動の最前線について紹介する特別なプログラムがネット配信(国際ロータリー公式フェイスブックページ)される予定となっております。私ども境クラブにおいてもこのプログラムを何らかの方法で活動の一助としていきたいと思っています。

ポリオ根絶は国際ロータリーの最優先活動で、ポリオ・プラスは、世界からポリオ(骨髄性小児麻痺)を撲滅するというロータリーの大規模な活動です。現在、野生ポリオウイルスの常在国は3カ国で、ナイジェリアは近々、ポリオ無発症3年間を達成する予測がたっています。WHO、ユニセフ、CDC(米国疾病対策センター)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団といった世界的なパートナーと共に、これまで以上に根絶活動を強化していく必要があると私も思います。

 

以上、(少々長くなりましたが、)会長挨拶とさせていただきます。

本日もどうぞよろしくお願い致します。(ありがとうございました。)

【お客様紹介】なし

【卓話】 佐藤会員(自社の軌跡)

【幹事報告】鈴木副幹事=11月よりネクタイ着用

【委員会報告】小林会員(クラブ週報委員)=境RCHPの活用法

【出席率】74%

【ニコニコBOX】

新井(憲)会員 先週早退致しました。 2,000円

鈴木(隆)会員 誕生祝ありがとうございます。2,000円

平川会員 先週欠席しました。     3,000円

【ドアマン】 佐藤会員・須釜会員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA