第2509回例会【令和2年12月3日(木)会長挨拶及び報告】

【長野会長挨拶】

皆様こんにちは。本日は、池田ガバナーをお迎えしての公式訪問例会として行います。

コロナ感染拡大第3波の影響により、県内8市町村に外出自粛要請が発令され、その中に境町 牛久市も含まれてしまいました。そんな中ガバナーの熱い配慮のもと、ご相談をさせて頂き、内容を縮小して行わざるを得なくなってしまいました。事前の会長幹事懇談会、例会終了後のクラブ協議会は残念ながら無しとさせて頂きます。遅れましたが、池田ガバナー

福田ガバナー補佐はじめセクレタリーの皆様、ようこそ境ロータリークラブにお出で頂きありがとうございます。私たち一同心から歓迎申し上げます。

さて、池田ガバナーには、境ロータリークラブ現況報告書はご覧頂いたと思いますが、その中で記載されていなく、ガバナー補佐からも、ガバナーからお聞きしたいことの一つに、境ロータリークラブが自慢できるものは何かとのことを言われておりましたので、いくつか発表したいと思います。

  1. 青少年奉仕委員会での、継続事業である中学生との交流会、私たちが経験した職業感や経営理念などを中学生と一同に会して話し合う、そこに警察官 消防士さん 看護師さん 保育士さんにご協力を頂き実施しています。これは他のクラブにはない自慢できる事業と考えます。
  2. 米山奨学金の特別寄付20,000円は、会員全員が以前から寄付を続けています。
  3. 会員同士皆さん非常に仲が良い。
  4. 退会した会員もいるが、基本的には長く在籍する人が多い。

また、5年後の戦略計画を共有し、クラブの公共イメージアップ図ること、会員増強特に女性会員を増やすことを頑張りたいと思います。環境問題では、廃プラに焦点をあて、

現在コロナ感染拡大のため、地域に事業を落とせないので、取り敢えずは私たちの心の持ち方、環境問題をどう理解するか、に重点を置き、「ポリ袋は使用しない 買い物はマイバッグ持参で」との宣言をしたいと思っています。

その他試行錯誤しながらの課題提起、問題解決に、将来のクラブのあり方を会員で共有したいと思っております。そのご指導をガバナーはじめ皆様にご教示いただければと思います。以上会長挨拶とします。

【お客様紹介】

国際ロータリー第2820地区 2020-2021年度ガバナー 池田正純様(牛久RC)

手賀晴夫様(牛久RC直前会長)

ガバナー補佐 福田一郎様(古河中央RC)

サブチーフセクレタリー 菊池忠行様(古河中央RC)

ガバナー補佐会計 岡安利夫様(古河中央RC)

王ズイショウ様(奨学生)

【記念撮影】

【卓話】

国際ロータリー第2820地区 2020-2021年度ガバナー 池田正純様(牛久RC)

【幹事報告】

【委員会報告】

 

【出席率】 80.6%

【ニコニコBOX】 180,000円

【ドアマン】 小林(昭)会員・鈴木(眞)会員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA